対策練れば怖くない?!がん保険で治療に備える

がん保険の総合解説集

経済が成熟した社会では、種々の共通点があるようです。
たとえば、少子高齢化は、日本よりもヨーロッパの方が早くから現象として発生しました。
今では問題が解消した国がいくつかあるようですが、日本においては、類例のない速さであり、対策もまだまだ十分とは言えないようです。
また、少子高齢化ばかりでなく、効率を求めた企業のあり方、利便性の高い交通手段なども、共通していることのようです。
しかし、もう一つ、現代人に共通している問題と称していいものがあります。
それが生活習慣病と言えます。
これは、一種の贅沢病とも言え、成熟した経済社会だからこそ、起きるもののようです。
たとえば、生活習慣病の中には、肥満を挙げることができます。
老若男女ともに、肥満は問題であり、子供たちにも、それが現れているようです。
また、糖尿病も、生活習慣病であり、これもまた、食事との関係の強い病気です。
さらに、心臓疾患、脳卒中も、生活習慣病と関係し、日本人の死因としても、常に上位を占めています。
そうして、もう一つ、毎年第一となっているのが、がんであり、生活習慣病の一種です。
現在は、かなり医学の知識が進み、なおかつ、がんでも早期発見であれば、完治が見込めるものとなっています。
しかし、まだまだ未解明な部分があり、完全に克服できる、というものではないようです。
がんの特徴の第一は、自己細胞が悪性化することです。
そうして、増殖を続け、他の臓器に転移したり、あるいは、同一器官で再発などが起こります。
自己細胞であるため、免疫も効果がないようです。
そうであるからこそ、発症するものということでしょう。
生活習慣病であるため、予防も可能なようですが、それでも、毎年日本人の死因の第一位となっています。
それだけ、わかっていない部分があり、現代の医学では、完全に克服できていない、ということでもあります。
こういうことから、がんに罹患した場合に備え、多くの人ががん保険に加入しています。
そうであっても、がん保険について、知らないことがあることも、また事実のようにも思います。
このサイトでは、そんながん保険を取り上げ、総合的な解説を試みています。
新規加入でも、見直しでも、どちらでもお役に立つような内容であれば、誠にうれしい限りです。
なお、職員向けですが、島根大学において、保険の見直しというページが公開されています。
がん保険についても、要点が掲載されているため、何らかのヒントになるのではないでしょうか?
記事を共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2014対策練れば怖くない?!がん保険で治療に備える.All rights reserved.